海外旅行保険でクレジットカード選び

クレジットカードの海外旅行保険の違いについて

クレジットカードのサービスには、さまざまなものがあり海外旅行保険もそのひとつです。しかし、クレジットカード会社ごとに補償内容は違い、海外旅行保険の補償額や補償内容、費用などの設定が種類豊富に存在します。なかには充実した補償のついているクレジットカードがあり、海外旅行保険に加入せずともクレジットカードのみで補償が十分となる場合も存在します。年会費が無料となっているクレジットカードのなかにも、補償が十分についているものも多いです。海外保険付カードは複数持っていると、補償によっては上限額が上乗せされるので、海外に行く際には複数枚持っていきましょう。海外旅行におすすめのクレジットカード選びを紹介します。

海外旅行保険の補償内容とは

補償には、事故で死亡した場合や後遺症が残った場合の傷害死亡と後遺障害があります。その他、ケガや病気の治療費である傷害・疾病治療費用補償、他人の物を壊した場合に適用される賠償責任補償などがあります。また海外旅行のトラブルで多い、持ち物の盗難や破壊については携行品損害補償が適用されます。さらに、ヘリなどの運搬費用や介護の為に家族に来てもらう救援者費用補償などもあります。傷害死亡と後遺障害については持っているカードの中の一番高い金額が適用されますが、それ以外は持っているカードすべての補償額を合算した金額が補償されます。しかしグループ企業同士の場合は、合算されない場合もありますので注意しましょう。費用設定では、海外旅行保険で使用率が最も高いケガ・病気の治療費用の補償をできるだけ高く設定する事が大事と言われています。ケガ病気の治療費用補償は1回ごとの補償額となっていますので、同じ旅行中に二度目の治療であっても最高補償額が適用されます。

海外旅行保険付きのカードを持っていても注意する事

海外で医療費を支払いする際にはご自身が海外で1度立替払いをして、帰国後クレジットカード会社に請求して保険金を受け取る会社もあります。立替払いを避けたい方は、キャッシュレスサービスのついているクレジットカードを作っておきましょう。海外の医療費は高額な事が多いので、数十万円から数百万円の医療費を請求される場合もあります。しかも、現金払いのみでしか治療を受ける事ができない病院もあります。また、国によって医療費には大きな差があります。旅行の前には、しっかりと渡航先の国の平均医療費についても調べておきましょう。特に、アメリカは医療費が高額であるとされていますので、ご自身の補償内容で足りるのかをしっかりと確認しておきましょう。海外旅行に行く場合には、海外旅行保険付のクレジットカードとキャッシュレスサービス付きの数千円程度の一番安い海外旅行保険に入るのも良いでしょう。なぜなら、キャッシュレスサービスに加入していれば、保険証書があれば治療を受ける事ができる場合も多いからです。また、クレジットカードの海外旅行保険でご自身が重点をおきたい補償内容が補償されるのかもしっかりと確認しましょう。

海外旅行中の病院での支払いについて

海外旅行保険付きのカードには、キャッシュレスサービスがついているものも存在します。キャッシュレスサービスとは、海外旅行中にケガや病気になり現地で外来診療を受ける場合に、窓口でクレジットカードを提示する事で料金を支払う事なく診療を受けられるサービスです。しかし、キャッシュレスサービスはクレジットカード会社が指定する医療機関で診察する必要があるので、事前にクレジットカード会社に電話して対応している医療機関を紹介してもらいましょう。電話では、病院の紹介だけでなく予約をしてくれる場合も多いので必ず事前に電話しましょう。

海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ際の注意点

近年では、海外旅行保険がついている年会費が不要なクレジットカードも多くなっています。海外でクレジットカードを使用する機会がある方は、内容を十分比較検討して選ぶようにしましょう。また、補償内容は死亡補償の金額などではなく、けがや病気になった際に利用できる補償内容で選びましょう。けがや病気の補償額については、海外に持参しているクレジットカードすべての補償金合計額が使用できる場合が多いので、海外に持って行くクレジットカードすべてを合算して考えましょう。さらに、海外に滞在する期間によって選ぶ事も大事です。通常旅行ビザを使用する3カ月以内の滞在の方が多いので、クレジットカード会社の保険期間も多くの場合90日間となっています。その為、90日をこえる長期滞在の方はクレジットカードの海外旅行保険だけでは、補償されない期間ができるので注意が必要です。またクレジットカードについている海外旅行保険の種類によっては、海外に渡航するだけで自動的に保険が有効にならないものもあるので注意しましょう。

条件をみたすと利用できるタイプのクレジットカード海外旅行保険の利用術

クレジットカードの海外旅行保険には、海外に渡航するだけで自動的に有効になるカードもあります。しかし、海外旅行の旅費支払いをカードでおこなってから海外へ渡航すると保険が有効になるなどの、条件がついているカードもあります。この条件つきで海外旅行保険の補償が開始されるクレジットカードのなかには、出発後でも条件をクリアすれば海外旅行保険の補償を開始できるカードもあります。そのカードを利用すれば、最初のカード保険が終わる90日以降に海外旅行保険の補償を継ぎ足す事ができます。しかし、国内使用であっても一度補償を有効にしたクレジットカードは、補償期間が終了した後に帰国するまで再び海外旅行保険としては使えませんので注意しましょう。また1枚のクレジットカードの補償だけでは補償金額が少額となる場合が多いので、長期滞在の場合は安い海外旅行保険に加入されるのもひとつの方法です。海外旅行者のなかには、補償を有効にする為に3カ月に1度日本に帰国される方もおられます。

海外旅行保険にキャッシュレスサービスがついているかを確認しよう

海外の医療費は、国によっても違いますが高額になる事が多いです。その為、海外で医療サービスを受けた場合に支払う費用も高額となる場合が多くなります。クレジットカードを使用した支払いでも、限度額をこえる場合などは支払いができません。またクレジットカードに海外旅行保険が付帯している場合でも、会社によっては立替払いが必要な場合も多いです。立替払いの場合は、帰国後クレジットカード会社に請求して保険金を受け取る事になります。しかし、クレジットカード会社によっては、この立替払いをしなくても済むキャッシュレスサービスが付帯している海外旅行保険もあります。キャッシュレスサービスは、海外旅行中の現地でかかる医療費を支払う事なく診療を受けられるサービスです。このサービスを利用する為には、クレジットカード会社が指定する医療機関で受診する必要があります。その為、事前にクレジットカード会社に電話して対応医療機関を紹介してもらいましょう。クレジットカード会社によっては、病院の予約をしてくれる場合もあります。保険会社の海外旅行保険を使用する場合の手順も同じで、まずサポートセンターに電話します。どんな症状なのかと所在地を伝えると、手配できる病院を教えてもらえる他、病院の予約などもしてくれます。病院に到着すると外国人専用の窓口がありますので、そこで問診表に記入します。その後受診して、キャッシュレスサービスが付帯している場合はそのまま帰ります。

クレジットカード審査に通らない場合は・・・

海外旅行に行く前にクレジットカードの審査が通らない場合には、デビットカードを選択するという方法もあります。デビットカードとは審査不要で国際ブランドが利用できるクレジットカードのようなカードのことを言います。何が違うかというと、クレジットカードは1~2カ月後に銀行口座から引き落とされますが、デビットカードの場合は即時引き落としなのです。大きな違いはそれだけで海外でもVISAなどの加盟店で利用できます。おすすめです。

デビットカード比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です