「利用付帯」のクレジットカードで得する使い方

クレジットカードの海外旅行保険の特徴について

クレジットカードの海外旅行保険は、海外に行く際にクレジットカードを保有していれば補償されるというわけではありません。クレジットカードの海外旅行保険には、それぞれ利用にあったての条件が設定されています。利用条件の設定にはクレジットカードを海外に渡航する際に保有していれば補償される保険もあれば、カードで旅費の支払いをおこなわなければ補償されない保険もあります。クレジットカードを選ぶ際には、しっかりと確認しましょう。

海外旅行保険つきクレジットカードの利用条件の設定内容について

海外旅行保険が開始される為の条件の設定には、海外旅行に出かける際の旅費の一部でも良いですし、国内で空港に向かう際の公共交通機関の支払いに利用しても良いとされています。また、公共交通機関の回数券やプリペイドカードの購入も適用条件として認められています。しかし、空港までの車やバイクのガソリン代や高速道路代、駐車場代などは認められていませんので注意しましょう。クレジットカード会社によっては、国内での旅費や公共交通機関の支払いが条件とされていますので、現地で条件となる支払いをしても海外旅行保険の対象外となりますので注意してください。

海外旅行保険つきクレジットカード使用開始の条件が海外使用で認められる場合もある

クレジットカード会社によっては、使用開始の条件となる公共交通機関の支払いを海外で利用した場合でも、条件をみたした日から海外旅行保険の補償が開始されます。クレジットカードの海外旅行保険期間は、通常90日間となっています。長期間海外にいかれる方は、最初の90日間別の自動付帯つきクレジットカードで、海外旅行保険の補償を確保します。そして、補償期間が終わる90日以降に海外の公共交通機関の支払い利用でも認められている利用付帯つきクレジットカードを利用すれば、海外旅行保険期間をさらに延ばす事ができます。この際の注意点は利用付帯付き海外旅行保険の補償を一度有効にしたら、保険期間終了後帰国するまで再び海外旅行保険は適用されませんので注意しましょう。また延長期間中のクレジットカードの海外旅行補償だけでは、補償金額が少額となる場合が多いです。万が一この期間に保険が必要となった場合には、自己負担が生じる恐れがあるので注意しましょう。長期海外に滞在される場合は、安い海外旅行保険にあわせて加入される事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です