利用付帯と自動付帯の違いは重要

使用条件が存在するクレジットカードの海外旅行保険の活用術

海外旅行の旅費や交通費の支払いをカードでおこなう事で、保険が使用開始となるなどの使用条件がついているクレジットカードの海外旅行保険があります。海外旅行中に条件をクリアしなければ保険が開始されないので一見デメリットのようですが、これを上手く活用することもできます。たとえば、クレジットカードの海外旅行保険の期間は90日が多いので、複数の保険を持っていても責任開始日が同じであれば90日間しか適用されません。しかし、決められた条件をクリアすると海外旅行保険が開始されるクレジットカードを持っているのなら、別のクレジットカードの海外旅行保険期間が終わる90日以降に利用すれば、海外旅行保険期間を延ばす事ができます。ただし、利用付帯付き海外旅行保険を一度有効にした場合は保険期間が終了した後、帰国するまで再び海外旅行保険が適用されませんので注意しましょう。また延長期間中の1枚のクレジットカードの海外旅行保険だけでは、補償金額が少額となる場合が多くなります。その為、長期間の滞在をされる方は安い海外旅行保険に加入される事をおすすめします。

クレジットカードの海外旅行保険は海外に渡航すれば補償が開始されるタイプが便利

クレジットカードについている海外旅行保険には、条件がついているタイプ以外に海外に渡航するだけで自動的に保険が有効になる海外旅行保険つきのクレジットカードもあります。海外に渡航するだけで補償が開始されるタイプの海外旅行保険がつきクレジットカードは、その他に条件がないので余計な費用もかかりませんし、手間もないので大変に便利です。

海外旅行保険での注意点について

クレジットカードの保険では、病気の死亡については補償外となります。また、クレジットカード会社によって補償額や補償内容に違いがある事も注意しましょう。その為、海外旅行の前にはどのような場合に補償され、補償金額がそれぞれいくらになるのかをしっかり確認します。補償金額が少ない場合によっては自己負担額が必要になる場合もありますし、なかには死亡した場合だけ補償金がでる海外旅行保険などもあります。また、海外での診療費用が不要となるキャッシュレスサービスの有無についてもしっかりと調べておきましょう。死亡補償以外の補償金は合算できるので、海外旅行保険がついているクレジットカードを補償内容が十分になる枚数だけ海外に持って行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です