実は十分でないクレジットカードの海外旅行保険その1

いろいろなケースを把握しておこう

クレジットカードについている海外旅行保険は、しっかりと内容を把握していないといざという時に役に立たない場合があります。クレジットカード会社の海外旅行保険の補償期間は、多くが90日の限度となっている事を忘れないようにします。その為、長期滞在の方などはクレジットカード会社の海外旅行保険の他に、補償期間が長い保険に入る必要があります。またすべてのクレジットカードに付帯する海外旅行保険では、病気で死亡した場合には保険が適用されない事も覚えておきましょう。さらに、クレジットカードによって海外旅行保険の補償額や補償内容は違います。その為、どのような場合に補償され、補償金額がそれぞれいくらなのかをしっかり把握する必要があります。場合によっては、ご自身の負担する額が相当必要になる場合もあります。事故で死亡した際にだけ補償金がでるクレジットカードの海外旅行保険などもありますので、しっかりと内容を確認しましょう。

海外旅行保険の補償金額が足りない事もよくある失敗のひとつ

海外の医療費は高額となる事が多いので、1枚のクレジットカードの海外旅行保険の補償額では足りなくなる事も多いです。その為、海外旅行保険がついているクレジットカードを何枚か所持し、補償内容が十分になるように海外に持っていくと良いでしょう。盲腸の手術をおこなっただけで、200万円から300万円かかる国もあります。海外でのトラブルで多いのが、ケガ・病気の治療や荷物の盗難・破損、航空機の欠航などです。これらの補償金額が複数枚のクレジットカードで合算して、十分な補償額となるようにしっかりと準備しておきましょう。

国によっては使用できないクレジットカードもある

海外旅行では、買い物などでもクレジットカードを利用されるでしょう。しかし、クレジットカードの種類によっては、使用できなかった経験をお持ちの方も多いです。それには、VISAやマスターカード、JCBなどのクレジットカードブランドが関係します。一般的に、JCBは使用できない国も多いと言われています。しかし、VISAやマスターカードであってもどちらかしか使用できない国もあります。その為、クレジットカードを複数枚海外に持っていく際には、ブランドが違うクレジットカードを持って行きましょう。また、盗難や紛失したときの予備カードとしても必要ですし、利用できる海外サポートサービスが広がる場合も多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です