海外旅行保険でおすすめのクレジットカード「JCB EIT」

JCBEITカードのメリットとデメリットについて

JCBEITカードのメリットは、年会費が無料で海外旅行保険が渡航するだけで開始される事です。その為、海外に行く際に持っているだけで海外旅行保険の補償が受けられます。また、海外旅行保険がキャッシュレスサービスとなっていますので、現地で診療代を現金で支払う必要がない事も大きなメリットです。さらに、JCBは海外にも日本語で対応してくれるサポートデスクがたくさんあり、盗難保険もついています。デメリットは、海外に行くとJCBブランドのカードが使用不可となるお店が存在する点です。また、このクレジットカードはリボ払い専用だという事もデメリットになるでしょう。しかし、JCBEITのリボ払いは初回手数料が無料となっていますので、毎月のリボ払い額をクレカの利用上限に設定しましょう。すると、手数料がかかりませんので1回払いと同じように使えます。

JCBEITカードの海外旅行保険の補償内容

事故で死亡した場合や後遺症が残った場合の補償額は、最高で2千万円となります。また、ケガや病気の治療費となる傷害・疾病補償は、1回の事故・病気につき百万円までとなっています。2千万円が補償限度額となるのは、他人の物を壊した際に適用される賠償責任です。また持ち物の盗難や破壊などの携行品損害補償は、1旅行中で二十万円が限度となり、保険期間中は百万円が限度となります。しかし、自己負担が3千円あり、携行品1つあたりに十万万円が限度とされています。さらに、ヘリなどの運搬費用や介護の為に家族に来てもらう救援者費用補償は、百万円が限度です。

海外に行く際には海外旅行保険がついている複数のクレジットカードを持って行こう

海外旅行保険がついている複数のクレジットカードを複数持っている場合は、ケガによる死亡と後遺障害の補償金は、最高額が適用されます。その他の補償については、すべての補償額を合算した金額になります。しかしグループ企業のカードですと、合算されない場合もありますのでしっかりと渡航前に確認しましょう。渡航先の国の医療費の平均を調べて、海外旅行保険で1番使用する可能性が高いケガ病気の治療費用の補償を設定するようにします。ケガ病気の治療費用補償は1回ごとの補償額となっていますので、同じ旅行中に治療する別のケガには再度最高補償額が適用されます。また、補償期間については90日となっています。長期滞在をされる方は、別途海外旅行保険に加入しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です