プライオリティ・パスが使えるゴールドカードとは?

プライオリティ・パスが使えるゴールドカードとは?

○プライオリティ・パスとは?その仕組みについて

プライオリティ・パスは、世界600か所の空港ラウンジを利用できるシステムです。プライオリティ・パスの会員には種類が3つあり、それぞれ料金も違います。スタンダード会員の場合は年会費が99アメリカドル、会員利用料金は27アメリカドル、同伴者も利用に27アメリカドルがかかります。スタンダード・プラス会員になると、年会費が249アメリカドル、会員利用費は10回までは無料ですが、それ以上は27アメリカドルとなっています。ご一緒にいらっしゃる方も同様の料金です。さらに上のランクはプレステージ会員となります。年会費は399アメリカドルがかかりますが、利用は無料となっています。同伴の方は27アメリカドルという料金です。年会費は最も高くなりますが、ラウンジは無料で何度でも利用できるでしょう。

○年会費無料!?プライオリティ・パスがカードの特典になることも

海外旅行に良く行かれる方や、海外出張の多い方などには、空港で優雅な時間が過ごせるプライオリティ・パスは大変に便利なものです。クレジットカードのゴールドカードの中には、プライオリティ・パスを年会費無料で利用することができる特典が付いているものもあります。もちろん、カード自体の年会費は必要にはなりますが、カードがあるだけで世界の主要空港にあるラウンジで寛げるのは、空港で待つことの多い方には適したサービスとなっています。

○どのゴールドカードがプライオリティ・パスを無料で使えるの?

ゴールドカードでプライオリティ・パスが付帯になっているのは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。カードの年会費は税抜きで29000円となっており、旅行損害保険は海外が最高で1億円、国内は最高5000万円の補償が受けられるでしょう。25歳以上の定職のある方が申し込むことができます。ゴールドカードの中でもとてもステータスの高いカードとなっています。

利用付帯と自動付帯の違いは重要

使用条件が存在するクレジットカードの海外旅行保険の活用術

海外旅行の旅費や交通費の支払いをカードでおこなう事で、保険が使用開始となるなどの使用条件がついているクレジットカードの海外旅行保険があります。海外旅行中に条件をクリアしなければ保険が開始されないので一見デメリットのようですが、これを上手く活用することもできます。たとえば、クレジットカードの海外旅行保険の期間は90日が多いので、複数の保険を持っていても責任開始日が同じであれば90日間しか適用されません。しかし、決められた条件をクリアすると海外旅行保険が開始されるクレジットカードを持っているのなら、別のクレジットカードの海外旅行保険期間が終わる90日以降に利用すれば、海外旅行保険期間を延ばす事ができます。ただし、利用付帯付き海外旅行保険を一度有効にした場合は保険期間が終了した後、帰国するまで再び海外旅行保険が適用されませんので注意しましょう。また延長期間中の1枚のクレジットカードの海外旅行保険だけでは、補償金額が少額となる場合が多くなります。その為、長期間の滞在をされる方は安い海外旅行保険に加入される事をおすすめします。

クレジットカードの海外旅行保険は海外に渡航すれば補償が開始されるタイプが便利

クレジットカードについている海外旅行保険には、条件がついているタイプ以外に海外に渡航するだけで自動的に保険が有効になる海外旅行保険つきのクレジットカードもあります。海外に渡航するだけで補償が開始されるタイプの海外旅行保険がつきクレジットカードは、その他に条件がないので余計な費用もかかりませんし、手間もないので大変に便利です。

海外旅行保険での注意点について

クレジットカードの保険では、病気の死亡については補償外となります。また、クレジットカード会社によって補償額や補償内容に違いがある事も注意しましょう。その為、海外旅行の前にはどのような場合に補償され、補償金額がそれぞれいくらになるのかをしっかり確認します。補償金額が少ない場合によっては自己負担額が必要になる場合もありますし、なかには死亡した場合だけ補償金がでる海外旅行保険などもあります。また、海外での診療費用が不要となるキャッシュレスサービスの有無についてもしっかりと調べておきましょう。死亡補償以外の補償金は合算できるので、海外旅行保険がついているクレジットカードを補償内容が十分になる枚数だけ海外に持って行きましょう。

「利用付帯」のクレジットカードで得する使い方

クレジットカードの海外旅行保険の特徴について

クレジットカードの海外旅行保険は、海外に行く際にクレジットカードを保有していれば補償されるというわけではありません。クレジットカードの海外旅行保険には、それぞれ利用にあったての条件が設定されています。利用条件の設定にはクレジットカードを海外に渡航する際に保有していれば補償される保険もあれば、カードで旅費の支払いをおこなわなければ補償されない保険もあります。クレジットカードを選ぶ際には、しっかりと確認しましょう。

海外旅行保険つきクレジットカードの利用条件の設定内容について

海外旅行保険が開始される為の条件の設定には、海外旅行に出かける際の旅費の一部でも良いですし、国内で空港に向かう際の公共交通機関の支払いに利用しても良いとされています。また、公共交通機関の回数券やプリペイドカードの購入も適用条件として認められています。しかし、空港までの車やバイクのガソリン代や高速道路代、駐車場代などは認められていませんので注意しましょう。クレジットカード会社によっては、国内での旅費や公共交通機関の支払いが条件とされていますので、現地で条件となる支払いをしても海外旅行保険の対象外となりますので注意してください。

海外旅行保険つきクレジットカード使用開始の条件が海外使用で認められる場合もある

クレジットカード会社によっては、使用開始の条件となる公共交通機関の支払いを海外で利用した場合でも、条件をみたした日から海外旅行保険の補償が開始されます。クレジットカードの海外旅行保険期間は、通常90日間となっています。長期間海外にいかれる方は、最初の90日間別の自動付帯つきクレジットカードで、海外旅行保険の補償を確保します。そして、補償期間が終わる90日以降に海外の公共交通機関の支払い利用でも認められている利用付帯つきクレジットカードを利用すれば、海外旅行保険期間をさらに延ばす事ができます。この際の注意点は利用付帯付き海外旅行保険の補償を一度有効にしたら、保険期間終了後帰国するまで再び海外旅行保険は適用されませんので注意しましょう。また延長期間中のクレジットカードの海外旅行補償だけでは、補償金額が少額となる場合が多いです。万が一この期間に保険が必要となった場合には、自己負担が生じる恐れがあるので注意しましょう。長期海外に滞在される場合は、安い海外旅行保険にあわせて加入される事をおすすめします。

海外旅行保険でおすすめのクレジットカード「JCB EIT」

JCBEITカードのメリットとデメリットについて

JCBEITカードのメリットは、年会費が無料で海外旅行保険が渡航するだけで開始される事です。その為、海外に行く際に持っているだけで海外旅行保険の補償が受けられます。また、海外旅行保険がキャッシュレスサービスとなっていますので、現地で診療代を現金で支払う必要がない事も大きなメリットです。さらに、JCBは海外にも日本語で対応してくれるサポートデスクがたくさんあり、盗難保険もついています。デメリットは、海外に行くとJCBブランドのカードが使用不可となるお店が存在する点です。また、このクレジットカードはリボ払い専用だという事もデメリットになるでしょう。しかし、JCBEITのリボ払いは初回手数料が無料となっていますので、毎月のリボ払い額をクレカの利用上限に設定しましょう。すると、手数料がかかりませんので1回払いと同じように使えます。

JCBEITカードの海外旅行保険の補償内容

事故で死亡した場合や後遺症が残った場合の補償額は、最高で2千万円となります。また、ケガや病気の治療費となる傷害・疾病補償は、1回の事故・病気につき百万円までとなっています。2千万円が補償限度額となるのは、他人の物を壊した際に適用される賠償責任です。また持ち物の盗難や破壊などの携行品損害補償は、1旅行中で二十万円が限度となり、保険期間中は百万円が限度となります。しかし、自己負担が3千円あり、携行品1つあたりに十万万円が限度とされています。さらに、ヘリなどの運搬費用や介護の為に家族に来てもらう救援者費用補償は、百万円が限度です。

海外に行く際には海外旅行保険がついている複数のクレジットカードを持って行こう

海外旅行保険がついている複数のクレジットカードを複数持っている場合は、ケガによる死亡と後遺障害の補償金は、最高額が適用されます。その他の補償については、すべての補償額を合算した金額になります。しかしグループ企業のカードですと、合算されない場合もありますのでしっかりと渡航前に確認しましょう。渡航先の国の医療費の平均を調べて、海外旅行保険で1番使用する可能性が高いケガ病気の治療費用の補償を設定するようにします。ケガ病気の治療費用補償は1回ごとの補償額となっていますので、同じ旅行中に治療する別のケガには再度最高補償額が適用されます。また、補償期間については90日となっています。長期滞在をされる方は、別途海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険でおすすめのクレジットカード「オリコiB」

オリコiBのメリットとデメリットについて

オリコiBのメリットは、初年度の年会費が無料です。しかも、2年目以降の年会費も前年中に1回オリコiBを使用して買い物をすれば無料になります。また海外旅行保険が自動付帯でついていますので、海外に行く際に持っているだけで海外旅行保険の補償が受けられるメリットがあります。さらに、利用付帯ではありますが国内旅行保険も付帯しているのはメリットです。またオリコ旅行センターを利用してパッケージツアーを申込み、支払いをすると、同行者も含めて3%から8%の割引を受けられるメリットもあります。デメリットは、キャッシュレス診療ができないので、海外で診療をおこなった際に1度立替払いをする必要がある事です。また、このクレジットカードはリボ払い専用だという事もデメリットになるでしょう。しかし、キャッシュレスサービスつきのクレジットカードを、他に複数持つ方法で解決できるデメリットです。

オリコiBの海外旅行保険補償内容

事故で死亡した場合や後遺症が残った場合の傷害死亡と後遺障害は、最高2,000万円です。また、ケガや病気の治療費となる傷害・疾病治療費用補償は、1回の事故・病気につき200万円となっています。保険が適用されないケースは歯医者やスカイダイビングでのケガとなります。他人の物を壊した場合に適用される賠償責任は2,000万円が補償限度額です。また持ち物の盗難や破壊などの携行品損害補償は、1旅行中で20万円が限度となり自己負担額が1事故あたり3,000円あります。1つの物に対して10万円が限度となり、乗車券などについては5万円が限度となっています。さらに、ヘリなどの運搬費用や介護の為に家族に来てもらう救援者費用補償は200万円が限度額となっています。

オリコiBの海外旅行保険以外のおすすめ点

オリコiBには、海外旅行保険以外にもメリットがあります。それは、iDとQUICPayの2種類の電子マネーが付帯している事です。電子マネーは、小銭やお札を使わずに手軽に買い物ができるので大変に便利です。携帯電話に電子マネー機能がついている場合は、面倒な手続きや設定が必要な場合が多くなっています。しかし、オリコiBは持っているだけですので、利用を開始するのも簡単です。また、買い物の際に携帯を忘れるより財布を忘れるケースのほうが少ないでしょう。電子マネー利用分もオリコのポイント付与対象になっていますので、お得にポイントをためながら日々の生活で利用しやすいです。

海外旅行保険でおすすめのクレジットカード「エポスカード」

エポスカードのメリットとデメリットについて

エポスカードのメリットは、年会費が永久に無料である事です。また、海外に行く時にエポスカードを持っているだけで、海外旅行保険の補償が受けられるメリットがあります。さらに、医療費の立替払いが必要のないキャッシュレスサービスがある事は大きなメリットです。また、日本語で観光情報やトラブルにあった際の案内などをしてくれる海外サポートデスクが、世界38都市にある事もメリットです。さらに、etcカードが年会費無料で付帯して作れる事もメリットとなります。デメリットは死亡保障が低い点ですが、キャッシュレスサービスつきのクレジットカードを他に複数持つ方法で解決できるデメリットです。また、海外での保険の利用はその他の補償のほうが良く利用されます。

エポスカードの海外旅行保険補償内容

事故で死亡した場合や後遺症が残った場合の傷害死亡と後遺障害は、最高500万円です。また、ケガや病気の治療費となる傷害・疾病治療費用補償は、1回の事故で200万円、1回の病気で270万円となっています。他人の物を壊した場合に適用される賠償責任は、2,000万円が限度額です。また持ち物の盗難や破壊などの携行品損害補償は1旅行中で20万円が限度となり、自己負担額が1事故あたり3,000円となっています。さらに、ヘリなどの運搬費用や介護の為に家族に来てもらう救援者費用補償は100万円が限度額となっています。

エポスカードのおすすめ点

エポスカードには、全国約5,000店で使用可能な優待サービスが用意されています。また丸井デパート関連のクレジットカード会社が発行しているカードになりますので、よく丸井グループのお店で買い物をされる方であれば普段からお得に利用できます。また丸井グループの他には、カラオケボックスやレストラン、居酒屋で優待があります。さらにこのカードには盗難保険が付いているので、カードを落とした場合や盗まれてしまった場合、ウエブサイトでエポスカードを使い情報漏洩して不正利用された場合でも安心です。なぜなら、所定の保険申請手続きをおこなうと、発生した損害の全額を保険会社がカバーしてくれるからです。また、アルバイトやパートの方でも毎月の収入が定まってあれば申込が可能です。専業主婦の方は、配偶者に一定の収入が毎月あれば申込可能となっています。このような条件から判断して、クレジットカードの申込審査は比較的甘いでしょう。

実は十分でないクレジットカードの海外旅行保険その1

いろいろなケースを把握しておこう

クレジットカードについている海外旅行保険は、しっかりと内容を把握していないといざという時に役に立たない場合があります。クレジットカード会社の海外旅行保険の補償期間は、多くが90日の限度となっている事を忘れないようにします。その為、長期滞在の方などはクレジットカード会社の海外旅行保険の他に、補償期間が長い保険に入る必要があります。またすべてのクレジットカードに付帯する海外旅行保険では、病気で死亡した場合には保険が適用されない事も覚えておきましょう。さらに、クレジットカードによって海外旅行保険の補償額や補償内容は違います。その為、どのような場合に補償され、補償金額がそれぞれいくらなのかをしっかり把握する必要があります。場合によっては、ご自身の負担する額が相当必要になる場合もあります。事故で死亡した際にだけ補償金がでるクレジットカードの海外旅行保険などもありますので、しっかりと内容を確認しましょう。

海外旅行保険の補償金額が足りない事もよくある失敗のひとつ

海外の医療費は高額となる事が多いので、1枚のクレジットカードの海外旅行保険の補償額では足りなくなる事も多いです。その為、海外旅行保険がついているクレジットカードを何枚か所持し、補償内容が十分になるように海外に持っていくと良いでしょう。盲腸の手術をおこなっただけで、200万円から300万円かかる国もあります。海外でのトラブルで多いのが、ケガ・病気の治療や荷物の盗難・破損、航空機の欠航などです。これらの補償金額が複数枚のクレジットカードで合算して、十分な補償額となるようにしっかりと準備しておきましょう。

国によっては使用できないクレジットカードもある

海外旅行では、買い物などでもクレジットカードを利用されるでしょう。しかし、クレジットカードの種類によっては、使用できなかった経験をお持ちの方も多いです。それには、VISAやマスターカード、JCBなどのクレジットカードブランドが関係します。一般的に、JCBは使用できない国も多いと言われています。しかし、VISAやマスターカードであってもどちらかしか使用できない国もあります。その為、クレジットカードを複数枚海外に持っていく際には、ブランドが違うクレジットカードを持って行きましょう。また、盗難や紛失したときの予備カードとしても必要ですし、利用できる海外サポートサービスが広がる場合も多いです。

実は十分でないクレジットカードの海外旅行保険その2

最大補償額はすべての補償の最大補償額ではない

クレジットカード会社の海外旅行保険の広告で、最高数千万円まで補償と書かれている事があります。しかし、それはすべての補償の補償額が数千万円と言う意味ではありませんので注意しましょう。この補償額が示しているのは、けがで死亡した時の補償です。最も使用率が高い、けがや病気の補償額はもっと低額であり、なかには補償がないクレジットカードの海外旅行保険もあります。もちろん、他の補償内容も補償額はそれぞれ決まっていますし、補償がついていない場合もあります。クレジットカードのなかには、けがで死亡した際にしか保険が適用されない海外旅行保険もありますのでしっかりと確認しましょう。

海外旅行に行ったら自動的に海外旅行保険の補償が始まるのではない

クレジットカードの海外旅行保険の支払条件は、国外へ渡航する条件だけではないカードも存在します。もちろん、海外旅行に出かける事で自動的に海外旅行保険の支払条件となるクレジットカードの海外旅行保険もあります。しかし、海外旅行保険の補償を適用さす為には、条件をこなさなければいけないクレジットカードの海外旅行保険も存在します。その条件は、旅行代金や公共交通の支払いにクレジットカードを利用するというものが多いです。つまり、これらの支払いに利用していない場合は、海外旅行保険が利用できない状態です。いくら、海外保険が付帯していても、利用できないと無意味になってしまいますので注意しましょう。

クレジットカードの海外旅行保険によっては高額な医療費の立替払いが発生する

キャッシュレスサービスがついていない海外旅行保険は、医療費を支払う場合に1度ご自身で立替払いをして、帰国後クレジットカード会社に請求して保険金を受け取ります。海外での立替払いは、医療費が高額になる事が多いので、クレジットカードの限度額に関係してくる場合もあります。また、なかには現金払いでしか対応してくれない医療機関なども存在します。キャッシュレスサービスがついている場合は、海外で診療が必要な場合にも料金を支払う事なく診療を受ける事ができます。キャッシュレスサービスは、クレジットカード会社が指定する医療機関で診察する必要があるので、事前にクレジットカード会社に電話します。すると、対応可能な医療機関を紹介してもらえますので安心です。また、予約をしてくれる場合も多いので事前に電話しましょう。

ゴールドカードなら家族も保険の対象になる

海外旅行保険つきのゴールドカードを持つメリットとは

海外の医療費の支払いは高額となる事が多いですが、海外旅行保険つきのカードを補償内容が十分になる枚数分海外に持参する事で解決できます。ゴールドカードは、もちろんそれぞれの補償額が一般カードより高く設定されている事が多いです。しかし家族特約がついたゴールドカードの最大メリットは、ご自身がカードを所持しているだけで、家族まで無料で海外旅行保険の対象者なるという点でしょう。しかもある年齢になるまではクレジットカードを作れませんが、無料の海外旅行保険を子供につけたい場合は家族特約がある海外旅行保険つきのゴールドカードを使う方法が最適です。

家族も海外旅行保険の対象になるのはどんな時

ご自身がカードを持っているだけで家族まで海外旅行保険を無料で受けられるこのメリットは、カードの契約者が参加しない旅行でも補償されます。しかも、違うカードを発行する家族カードとは違い、カードの契約者が持つカードが1枚あれば家族の海外旅行保険が無料でついてきます。しかし、家族の保険だけはキャッシュレス診療が不可となるカードや条件付きで保険が開始されるカードもありますので確認しましょう。

キャッシュレス診療や条件付き海外旅行保険について

キャッシュレスサービスがついている場合は、海外で診療が必要な場合にも料金を支払う事なく診療を受ける事ができます。キャッシュレスサービスを利用する際には、クレジットカード会社が指定する医療機関で診察する必要があるので、事前にサポートデスクに電話し、対応可能な医療機関を紹介してもらいます。その際には、診療所の案内だけではなく予約をしてくれる場合も多いです。海外旅行の旅費支払いや公共交通機関の支払いをカードでおこなってからでないと、海外旅行保険が有効にならない条件つきのクレジットカードの海外旅行保険もあります。

その他のゴールドカード特典

ゴールドカードやブラックカードなどには、さまざまな特典が用意されています。年会費が高いので当然とも言えますが、ステータスになる事も多いです。海外では、クレジットカードが身分証明となる場合も多いので扱われ方が変化する場合もあります。特典の1部には、空港ラウンジの使用やホテルでの部屋のアップグレード、レイトチェックアウトなどがあります。また、空港での手荷物手数料免除や帰国時荷物1個無料配送、当日の利用航空機時間変更などのサービスなども存在しています。

海外旅行保険はクレジットカードで保険料を節約

クレジットカードの海外旅行保険について確認する事柄について

最近では、年会費がかからないクレジットカードについている海外旅行保険も多いです。これらをうまく利用する事で、海外旅行保険代を節約していきましょう。しかも、死亡補償などを除く補償については、海外旅行時に所有しているクレジットカードのすべての補償額を合算できます。海外でのまさかの事態の為にクレジットカードを複数枚持っていく方は多いでしょうが、今後は海外旅行保険の充実の為に複数枚のクレジットカードを海外に持って行くようにしましょう。また、現地で費用の支払いが必要のないキャッシュレスサービスがついているかどうかや、海外に行くだけで自動で海外旅行保険が適用されるカードであるかどうかも確認が必要です。ご自身のクレジットカードについて、1度しっかりと補償内容や海外旅行保険の利用条件を確認しましょう。

長期の海外旅行には保険会社の海外旅行保険との併用を検討しよう

海外旅行保険は、空港で加入する方や旅行会社に言われるがままに加入される方が多いです。しかし、しっかりと比較検討して加入する事でかなり負担する額が変わってきます。クレジットカードで補償できる保険期間は、90日の場合が多いです。その為、90日以上の長期滞在の場合は保険会社の海外旅行保険に加入される方が多いですし安心できます。選ぶ際のポイントは、補償したい目的に合わせて補償内容を選べるフリープランを使用しましょう。海外滞在中の補償金使用件数が1番多いのは、ケガ・病気の費用となっています。続いて荷物の盗難・破損を補償する携行品損害や航空機の欠航などの事故の緊急費用などが多くなります。また選ぶ際の別のポイントは、インターネットで申し込むと店頭申込と補償内容がほぼ同じで、保険料が4割以上安くなる場合もありますので注意しましょう。さらに、保険会社によってはリピーター申し込みが安くなるサービスも準備されています。

海外旅行保険を選ぶ際に気をつける点

最近では、海外旅行保険をオーダーメイドで設計できるようになっています。オーダーメイドとは、死亡、後遺障害、治療、携行品、救援費用などの補償ごとに補償金額をご自身で選択できます。その為、生命保険によって死亡補償などが十分な方はそれをなくす事もできるのです。手厚い補償にしたい部分と最低限で良い補償部分をご自身で選んで、保険を設計する事が可能となっています。